自分にとってゲーセンとは何か?

こんにちはゆーへいです

 

本日初めて全国リプレイにのりました。謎撤退もありましたけど自分のプレイがターミナルに映し出されるのをみると感動しちゃいますね

 

先日DOBの更新があったね。今使ってるデッキに今期4Pのグラスホッパーブラックを入れてみた。これがかなり強い。貫通持ちで消滅耐性、それに悪魔や昆虫を並べるとBPアップとどうみても4Pの性能じゃないっすよ

 

あと忘れてたんだけど種族が昆虫なので、こいつとベルゼブブが並んでるときにベルゼブブが先に攻撃するとグラスホッパーを破壊してしまうんで注意が必要だね

 

 

さてタイトルの話になるけど仕事中も仕事終わってからCOJしてるときもずっと考えてた。というか結構前から考えてる

 

考えるきっかけになったはフォロワーさんの呟きなんだけどね

無断転載すいません。名前は隠しておきます

 

f:id:nanyako_coj:20150718000057p:plain

 

これすごくわかる

自分はゲームがなかったら今まで生きてこれなかったといってもいいくらいだし、COJというゲームを通じて沢山のフォロワーさんと知り合えたので本当にこのゲームをやっててよかったなぁと思ってるよ

 

ただ夜中に考えてしまうことは

 

「いつまでもゲーセン通いを続けていいのだろうか」って言う事なんだよね

 

正直自分でもいい歳してゲーセンに足を運んでアイカツやプリパラをやってこのままでいいのだろうかと思ってるし、周囲からは「気持ち悪いおっさん」って笑われているんだろうなって思ってる

 

プリパラやアイカツで親子連れをみると「普通な生活してればこのゲームは子どもと一緒に遊ぶものなんだよな」って思って悲しくなってしまう

 

昼間に女児ゲーをあまりやらないのは幼女先輩の邪魔をしてはいけないというのもあるけど親子連れをみると鬱になるからなんだよね

 

そもそも自分がゲーセン通いをはじめたのはアイカツをプレイしてみたいっていうのがきっかけ。夜にひっそりとアイカツできる所ってゲーセンしか思いつかなかったし

 

アイカツのアニメでSTAR☆ANISというユニットが歌いながら踊ってる姿をみて感動して「よし恥ずかしいけどアイカツのゲームやろう!」って思った

 

最初すごく恥ずかしくて筐体の前になかなか座れなかったし、コインを入れる手が震えてなかなか入らなかったりして。そんでカード切れのエラー音(すごい音がする)が鳴った時はまわりの幼児や保護者が自分のまわりに集まってきて正直逃げようと思った事もあった

 

でも一度プレイを始めたらいちごちゃんやあおいちゃんや蘭ちゃん、それにマイキャラちゃんがすごく可愛くて音楽も凄く良くて、大人がプレイしても難しい譜面もあったり本当にプレイしてよかったよ

 

プリパラも最初凄く恥ずかしくてマイチケを入れるのに手間取ってチケットを床にばら撒いちゃったりしたけど今では楽しんでプレイしてる。マイキャラちゃんがカワイイ(^o^)

 

話がずいぶんそれちゃったけど、要するにゆーへいはゲーセンがなかったら生きていけないってことなんすよ。こんな歳になってゲーセン通いとか気持ち悪いって思われるかもしれないけど、COJやアイカツやプリパラを通じていろんな方と知り合えた事で本当に生きる力を得たと思ってます

 

COJで負けてAP減らしたり、知り合いが誰もいなくてプリパラのスコアが伸ばせなかったり、周りから気持ち悪いと思われてもゲームがないと生きていけないんだから生きるためにはゲームをやり続けるしかない。

 

だから自分にとってゲーセンは『命』かな

 

ほかに楽しいことはいっぱいあるかもしれないけど、自分は今はゲーセン通いが一番楽しいので明日からもCOJやプリパラしにゲーセンにいこうと思います

 

人の趣味を否定する奴はいるかもしれないけどわかってくれる人もいる。全国必ず1人は理解してくれる人がいると思うので闇を抱えている人がいたらどうかあきらめずに生きて欲しいです。同じ趣味の人がいると思えるだけでも少し明るくなれるよ

 

何を言っているのかわからなくなってしまったけど現実をみると本当に押しつぶされてしまうので書きたいことずら~~っと書いてしまった

 

それでは! 今日夜のCOJバージョンアップ特番楽しみだJ~~~!